KNブログ


プロフィール

KN

Author:KN
気紛れにエントリ更新してしまいました。これからはのんびり気紛れなペースで、書き上がり次第に更新していきます。

メールアドレスはこちら
jinkenbira@yahoo.co.jp 

未来のために生きながらも、引き続き



ブログランキング

人気blogランキングへ



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本史についての雑文その174 宇佐の海人氏
日本列島に到来した新しい文明サイクルの波である「部族国家文明」の600年間は、その「起の部」が紀元前100年頃?紀元後50年頃、「承の部」が50年頃?200年頃、「転の部」が200年頃?350年頃、「結の部」が350年頃?500年頃ということになります。
この時代に先行する原始国家文明の時代においては、皇帝制度以前の古代シナ文明の刺激を受けて水田稲作を行う農村共同体から原始的な国家の形態が生まれ育っていきましたが、この部族国家文明の時代においては、皇帝制度を伴ったシナ帝国の文明の刺激を受けつつ、前の時代に生まれてきた原始的な小国家が統合されていって部族国家連合が各地に生まれ、それが盛衰していく過程が展開され、これら部族国家連合が次の王権国家文明の時代において大和王権に収斂されていくことになるのです。

...read more
スポンサーサイト

日本史についての雑文その173 朝鮮四郡
儒教を国家原理として取り入れてシナ帝国が完全体となって生まれた時に、そうしたシナ帝国の侵略的傾向という宿命は同時に生まれたのであり、その時代がまさにこの漢の武帝の時代であったのです。
武帝は自らが国教として定めた儒教の謳いあげる有徳の君主を自ら体現するために中華の文明地帯を更に辺境に拡大せねばならなかったのであり、また、シナ全土を直轄地として支配した武帝は、その直轄地内の商業都市である「県」の巨大なネットワークを流れる大量の血液として、帝国の外縁の新たな服属国や友好国からの膨大な物産の流入を切実に必要としていたのでした。

...read more

日本史についての雑文その172 華夷秩序
こういうわけですから国内支配を強化したい皇帝は対外積極政策に出ます。そうやって帝国の商業圏を拡大しようとすると必ずトラブルも増加します。外国からの物産をシナ帝国内へ運ぶ交易路を妨げる勢力が現れることが多々あります。いや、先方から見ればシナ帝国のほうが立派に侵略者なのですが、シナ皇帝には国境という概念がありませんから、まぁそんなことを言っても仕方ないことで、シナ皇帝は交易路の邪魔者を排除するために戦争を起こすことになります。
...read more

日本史についての雑文その171 有徳の君主
このようにして漢の武帝によってシナ帝国の制度は完成したのですが、その本質を一言で言えば「有徳の君主であるシナ皇帝が全ての人民と土地と軍隊と商業利権を直轄支配する中央集権官僚制」というフィクションに基づいた支配体制ということになります。それを更にもっと突き詰めて言えば、シナ世界のそもそもの君主の原型は商業都市連合の盟主であったわけで、ならばシナ国家とは商業国家がその本質の姿であるのです。
...read more

日本史についての雑文その170 初代のシナ皇帝
紀元前221年にシナ世界を統一して始皇帝が建国した秦帝国も始皇帝の死後は混乱し紀元前206年に滅亡し、その後、戦国時代の諸国が復活して再びシナ世界は分裂状態となります。そうした中で諸国の王を率いて項羽を討った劉邦が最有力者となり、紀元前202年に漢帝国の皇帝と称するようになりました。
始皇帝も劉邦も、武力で最有力者に登りつめて皇帝を名乗るようになったという点では同じでした。しかし始皇帝と劉邦では幾つかの点で大きな違いがありました。

...read more

日本史についての雑文その169 城壁の無い都市
こうしてこの原始国家文明「承の部」の終わり頃、つまり紀元前100年頃には、北九州では小共同体や大共同体も重層的に包摂した「国」の段階まで共同体の統合は進んでおり、また瀬戸内以東の西日本各地においては小共同体が祭祀を通じて統合を果たした大共同体が出現している段階にまで至っていました。
ここで瀬戸内以東はとりあえず置いておいて、北九州の状況について更に掘り下げてみてみると、この北九州における「国」というものは、単に農村の氏族共同体を重層的に統合して規模が大きくなったからといって、それで真の意味で東アジア世界における「国家」といえる存在の定義は満たしてはいないのです。

...read more

日本史についての雑文その168 神道の発生
このように、紀元前250年以降、青銅器祭器と共に農耕神信仰や祖霊信仰という外来の信仰形態が普及しつつ、それらの中に日本古来の自然霊信仰のエッセンス、すなわち複数神への同時信仰や神様の非移動性などの特性が取り込まれていったのです。もちろん日本古来の自然霊への信仰もまだまだ健在で多くの人々の信仰を集めていました。ただ農耕神や祖霊への信仰が農村共同体の在り方と密接な関係を持っていたので、共同体を挙げて取り組む最重要の祀りという位置づけになっていったということなのです。
...read more

日本史についての雑文その167 移動しない神様
紀元前250年から紀元前100年の縄文末期農耕文明の「結の部」において、新たに成長してきた原始国家文明の中に取り込まれていった縄文時代以来の価値観とは、それは縄文時代以前に連なってくる日本独自の宗教観であろうと思われます。
この時代、まず紀元前250年頃に青銅器が日本列島に持ち込まれるようになり西日本に広まり、西日本では銅剣や銅鐸などの青銅器の独自製作が開始されます。青銅器は日本列島においては最初から祭祀専用に使われたようで、これはおそらくその分布範囲から見て水田稲作に関連性が強く、穀霊や地霊のような農耕神を祀る祭祀に使われたものなのでしょう。

...read more

日本史についての雑文その166 権力の重層構造
このように紀元前250年から紀元前100年の原始国家文明「承の部」において、「皇帝制度以前のシナ文明の価値観」の影響を受けて北九州において戦争を通して共同体の統合と国家の形成が進められたのですが、これは時代の一側面でしかありません。
こうした外来価値観の影響だけで国家形成が進められたという考え方だけでは説明のつかないことも多々あるのです。日本独自の内在的な要素についての考察も必要だといえるでしょう。

...read more

日本史についての雑文その165 反皇帝思想
さて紀元前250年以降、北九州では戦争を通して国家形成への道を歩むこととなったのですが、共同体同士の戦争の展開が日本独自の形をとるようになります。つまり、戦国時代のシナ大陸の戦争のように勝者共同体が敗者共同体を徹底的に殲滅するのではなく、勝負がついた段階で停戦講和して、敗者共同体を温存して勝者共同体の傘下に組み入れたのです。
北九州の農村共同体は山間部の狭い平野に小さな共同体がひしめき合っている状態でしたから、戦争に敗れた共同体は大平原の場合と違って一気に逃げ散るということが出来ず、袋小路に追い込まれます。そうなると勝者共同体は敗者共同体の土地を手に入れるためには敗者共同体の成員を皆殺しにしてしまえばいいということになります。実際に戦国時代のシナ大陸ではそのような殲滅戦がよく行われました。

...read more

日本史についての雑文その164 渡来人
秦帝国の滅亡後、戦国時代の諸王国が甦り再び群雄割拠の時代となり、それらの中で項羽の率いる楚と、劉邦が秦の故地に建国した漢とが覇権を賭けて争い、紀元前202年に劉邦が項羽を倒して漢帝国の初代皇帝になりました。
皇帝とはいっても当初の漢帝国の皇帝は始皇帝に比べて非常に狭い範囲しか郡県制で直轄支配できませんでした。漢の皇帝が直轄支配していたのは秦の故地であったシナ大陸の西方の一部だけで、その他の地域は斉や楚、燕など戦国の諸王国が甦って支配していたのです。劉邦はそれら諸国の国王として項羽との戦争で功のあった忠臣を就かせていたので諸国王の主として主従関係は確保していましたが、それら諸王国の領地については大幅な自治権を認めて独立王国のような様相となっていました。

...read more

日本史についての雑文その163 シナ系難民の発生
戦国時代のシナ大陸の西方で秦の昭襄王が覇業の半ばで死去したのが紀元前251年で、その曾孫の嬴政が秦王として即位したのが紀元前246年でした。ちょうどこの紀元前250年頃から、1250年ほど続いていた地球気候の寒冷化傾向が終わり、地球が温暖化局面に入っていきました。紀元0年から100年頃にかけての漢帝国とローマ帝国の極盛期と重なる太陽黒点周期のローマ最大期へ向かう気温上昇の開始でした。
...read more

日本史についての雑文その162 皇帝制度の本質
嬴政は「皇帝」と称することで自分が最初のシナの王であると言ったわけですが、確かに統一国家としてのシナの最初の支配者は嬴政ということになります。嬴政はこの「皇帝」という称号に更に「最初の」の意味をつけて「始皇帝」と自ら名乗り、中華帝国の最初の皇帝となったのです。
周や殷の天子も版図は狭いながらも諸侯の盟主としてシナ世界を統治したとも考えられますが、彼らは始皇帝が作り上げたような「皇帝」とは異質な存在です。皇帝は戦国時代の専制君主の延長線上に位置する存在であり、諸侯や氏族共同体のような社会の中間組織を介さずに直接に人民を支配し、全ての都市や軍を直轄支配する、支配領域内においては唯一絶対の権力者なのです。

...read more

日本史についての雑文その161 シナ帝国の成立
さて統一事業といっても、それはつまり秦による他国の武力での征服ということになるのですが、この戦国時代における戦争は非常に大規模かつ徹底したものとなりました。各国の動員する兵力が春秋時代に比べると桁違いに増えており、春秋時代はせいぜい多くて数万の軍勢を動員するのが精一杯だったのですが、戦国時代になると一国で数十万もの軍勢の動員が普通に行われるようになります。
これはつまり一般の人民が兵士として参加するようになったから可能になったのですが、それにしても人口比で考えても驚くべき動員力なのです。

...read more

日本史についての雑文その160 郡県制
人民の権利の拡大と中間組織の解体が同時進行していった先に専制支配体制が到来するというケースを私達は既にフランス革命の検証をした時に見てきました。氏族社会という伝統的中間組織に保持されていた伝統的道徳観は新興の人民層には尊重されることはなく、戦争はルールや道義なきものとなりひたすら社会を破壊していく暴力となっていき、個々のアトム化された人民たちは強大になった君主によって結局は奴隷のような存在に落とされていったのでした。中間組織にこそ自由は存在したのであり、君主の前に全ての人民が平等であるという社会体制は、平等というものが自由とは根本的に相容れないために、自由が圧殺された全体主義体制に堕するのです。
...read more

日本史についての雑文その159 氏族社会の解体
こうした朝鮮半島や、そしてひいては日本列島の状況にも大きな変化をもたらすことになるのがシナ大陸の状況変化なのですが、ここで一旦時代を遡って紀元前473年に越王国が覇権を握った後の中原の状況から見ていきます。
越が覇権を握ったといってもそれは中原の諸侯の盟主としてのものであり、別に他の諸侯を支配したというわけではありませんので、絶対的なものではなく相対的優位状況に過ぎず、越も名君の勾踐が紀元前465年に死去すると中原ではそれほど振るわなくなりました。

...read more

日本史についての雑文その158 朝鮮半島の国家形成
ここで一旦、紀元前250年より前の朝鮮半島の状況をまとめてみますと、まず半島北部の西岸、つまり遼東半島の南側付近に紀元前1000年頃に殷の遺臣であった箕子が周によって封じられて建国した箕子朝鮮があり、これは朝鮮半島の物産を中原へもたらすための交易都市国家であったのですが、紀元前771年以降はシナ世界が戦乱に陥ったためにこの箕子朝鮮は中原の出先機関としてはあまり機能しなくなっていました。戦国時代期においては戦国七雄の一国であった燕の属国であったようです。
...read more

日本史についての雑文その157 北方系神話
さて、越人の渡来もその伝える情報や技術も、一度にまとまってやって来たものではなく、おそらく断続的、段階的なものであったろうと推測されますから、この原始国家文明の「起の部」もそれぞれの段階を追って進行していったのであろうと推測されます。つまり、黎明期、胎動期、草創期に分かれていたであろうと推測されるのですが、いかんせん、この時代はあまりにも史料不足であり、詳細の流れを追うことは出来ません。
...read more

日本史についての雑文その156 水田稲作の普及
そういうわけで北九州の倭人たちは越人の移住者に協力を請うて越スタイルの国家作りの道を歩み始めることにしたのです。そのためにまず最初に手がけなければいけないことは水田稲作の普及でした。水田稲作はそれ自体が必要であったわけではなく、越スタイルの国家形成システムの一環であり第一歩の基本でもあったのでした。そういう意味合いで倭人社会に受容されていったのです。
...read more

日本史についての雑文その155 国家形成システム
小国家の前段階の農村氏族共同体というものは、交易都市が建設されて都市国家を中心とした王国が形成されていく以前の東アジアの農耕文化圏に自然発生的に偏在していたものですから、本格的に農耕文化に参入する以前の倭人社会にはそうしたものが存在しなかったのは当然であり、そしてこの紀元前400年以降に本格的に農耕文化に参入していった倭人社会にそうした農村氏族共同体と同じタイプの原初的な共同体が生まれてくるのも、また自然の理として当然なことなのでした。
...read more

日本史についての雑文その154 原始国家文明
紀元前500年頃、諸侯が国内での大夫の下克上に悩まされ、孔子が儒教を創始して秩序の再構築を試みていた頃、南蛮地域では新興勢力が現れてくるようになりました。長江下流域を根拠地とした呉と越という2つの南蛮王国がそれでした。この2つの部族は南蛮ですから東南アジア系の旧モンゴロイドから出てきた海洋民の部族です。
この長江下流域は諸侯の勢力がまだ及んでいない地域だったのですが、紀元前597年に中原の覇権を握った楚の荘王の時代には楚はこの地方にも勢力を及ぼし、この呉と越の2国と接触することになりました。

...read more

日本史についての雑文その153 儒教の始まり
儒教では、「仁」や「礼」などの徳を収めた者が世を治めるものであるとされ、要するに孔子の時代において世が乱れているのは徳が忘れ去られてしまっているからなのであって、為政者が徳を持つようになれば秩序は復活するということです。だから「仁」や「礼」をこれから大切にしていきましょう、という教えなのです。
つまり、旧来の氏族社会においては血統による秩序が重視され、そうした血統社会の中で徳目が自然発生していたのが実情だったのですが、そうした血統的秩序が崩壊した時代において孔子は発想の逆転を行い、徳目を持っていた者が王になり代々そうした徳目を伝えてきたことによって王の地位を世襲してきたと考えたのです。

...read more

日本史についての雑文その152 春秋の覇者たち
そういうわけで、日本列島においては紀元前700年以降、徐々にシナ大陸北方系の畑稲作農耕が補助的に浸透していく状況が続くことになるのですが、その間のシナ大陸のほうの情勢は急激な変化が始まっていきます。
楚を破ってその侵攻を阻止し、紀元前651年に中原の諸侯の盟主の座についた斉の桓公ですが、その死後に斉は乱れて力を失い、再び中原は楚の脅威に晒されることになりました。そこで紀元前632年に再び楚を破って中原の覇者となったのが北狄の居住地を後背地として持つ晋の文公で、周王室の内紛を収めて周王室を補佐して諸侯の盟主となりました。晋が力を持つようになったのは、その領土にもともと中原で開発の進んだ地域を抱えていたからです。

...read more

日本史についての雑文その151 縄文末期農耕文明
春秋時代に入って最初に台頭してきたのは南蛮諸部族を支配下に置いて勢いを増してきた楚で、その勢いは北上して中原の小さな諸侯は楚の圧迫を受けてその支配下に入ることになりました。従来ですとこういう場合は周王室が諸侯を糾合して楚に対抗するのですが、周王室は力を失っていました。
そこで諸侯を統率して楚に立ち向かったのが斉の桓公だったのです。桓公は楚を破って紀元前651年に中原諸侯の盟主になりました。ちなみに、この桓公は西戎の遊牧民部族の羗族の太公望の末裔で、人肉スープが大好物であったという人です。

...read more

日本史についての雑文その150 春秋戦国時代
さて、そうこうしているうちに中原方面では大きな変動が起こりました。紀元前771年に鎬京にあった周の王都が西戎の一派であった申と犬戎の攻撃を受けて陥落し、周王室は東に逃れ洛陽に遷都しました。通常は、これ以前の鎬京を王都とした周を西周と呼び、この紀元前771年以降の洛陽を王都とした周を東周と呼んで区別します。
周王室の実力の源泉はもともと西戎の遊牧民勢力の後ろ盾によるもので、代々の周の天子は西戎部族と政略結婚を繰り返していました。しかし、この時は第12代の幽王が西戎の申族から迎えていた皇后を廃して別の皇后を立てようとしたことによって申が怒り、犬戎を伴って鎬京に攻め込んだことが発端であり、これに諸侯が呼応して幽王を殺し、一部の諸侯が幽王の子の平王を洛陽に擁立したのです。

...read more

日本史についての雑文その149 周王朝と日本列島
この殷の時代にモンゴル高原から南下して中原の北側に氏族連合体を形成していた北狄の遊牧民の部族であった周族は殷王朝の攻撃を受けて西方に逃れ、中原の西方にあった岐山の地で姫氏を盟主とした都市国家連合を形成しました。そして周族は羗族と連合して中原に侵攻し、殷王朝を倒して中原を支配下に置き、紀元前1027年に中原の諸侯から姫氏が天子に推戴され「周王朝」が創始されたのです。
周王朝も殷王朝と同じく、夏王朝以来の中原の氏族社会をそのまま受け継ぎ、中原の諸侯の盟主として交易の保護に努めました。ただ、殷と違っていた点は、まず王都を黄河中流域からやや西にズレた鎬京に定めた点でした。これは周王室の力の源泉が西方の蛮族の後ろ盾によるものであったことを示していました。

...read more

日本史についての雑文その148 氏族社会
このように黄河中流域の洛陽近辺に「中原」と呼ばれるエリアが形成されるようになり、そこでは都市国家を中心とした王国が多数存在し、その王国の民は「中華」と呼ばれたわけですが、それは多民族混淆状態であったのです。「中華民族」や「漢民族」などという単一民族が存在していたわけではなく、「中華」を構成していた民族というのが実は中原の周囲の「夷」を構成していた民族の混淆したものであったのです。
つまり、「夷」地帯においてはそれぞれの蛮族が民族ごとに分かれて居住していたのであり、その同じ民族が東西南北から集まって混淆して居住していたエリアが「中原」地帯であるという見方も出来るのです。

...read more

日本史についての雑文その147 黄河文明
農耕や牧畜がユーラシア大陸で始まったのはおそらく約1万年前のことで、6千年前、つまり紀元前4000年ぐらいには牧畜から遊牧という生活スタイルが生まれ、それが西アジアに交易を行う場所としての都市国家を生み、都市文明を生む契機になったのです。そして都市文明が紀元前3000年ぐらいには王朝や王権を生み、その軍事力が戦争を生みました。
西アジアに居住していた人達というのは人種的にはコーカソイドで、それらのうち北部の乾燥地帯に住んでいた人達が遊牧民となり、南部に住んでいた人達が農耕民になりました。都市国家を作る契機となったのは遊牧民の自給自足困難な生活スタイルだったのですが、その遊牧民の需要に応えて都市国家を作ったのは農耕民でした。古代都市文明の担い手は農耕民だったのです。

...read more

日本史についての雑文その146 文明というリスク
ではまず、BC400年?BC250年の原始国家文明の「起の部」ですが、年表においてそれに先行するBC400年以前の部分については、この原始国家文明の「起の部」へ至る導入的要素として記入したものですから、この後の部分では、まずはそこの部分から触れていくことにします。
このBC400年?BC250年の150年間は、まぁだいたいの区分けで、とにかく太古のことで日本国内の出来事に関しては文献記録も皆無ですから、ややズレはあるかもしれません。ただ大雑把に見て、だいたいこのあたりにこういうことがあったのであろうということを考古学的史料を基に想像しているだけのことです。

...read more

日本史についての雑文その145 日本史概観
その縄文時代に形成確立されたと推測される600年間の文明サイクルの構造を実際の日本史に当て嵌めていってみますと、まずここまで詳細に見てきた幕藩国家文明のサイクルにおいて、だいたい1550年?1600年が形成期で、形成期の開始時から150年前が黎明期の開始時でしたから、逆算すれば1400年ぐらいが幕藩国家文明の黎明期の最初の年、つまり「起の部」の起点にあたることになります。
幕藩国家文明の「起の部」は先述のように、その前の文明サイクルの「転の部」と重なっていまして、「転の部」の起点から「起の部」の起点までは300年遡ることになりますから、つまりは幕藩国家文明の「起の部」の起点から300年を引き算すれば、その1つ前の文明サイクルの「起の部」の起点を割り出すことが出来るということです。

...read more




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。