KNブログ


プロフィール

KN

Author:KN
気紛れにエントリ更新してしまいました。これからはのんびり気紛れなペースで、書き上がり次第に更新していきます。

メールアドレスはこちら
jinkenbira@yahoo.co.jp 

未来のために生きながらも、引き続き



ブログランキング

人気blogランキングへ



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本史についての雑文その265 相模国
現在の皇居、つまりかつて江戸城の本丸のあった地から南の江戸湾の海岸線は古代においては芝、高輪、品川あたりを通って、JR大森駅あたりから内陸部に切れ込んでいき、田園調布の南あたりに多摩川の河口が開口し、そこから海岸線は南に向かい、JR鶴見駅あたりで鶴見川の河口が開口し、そこから海岸線は南西に向かいJR横浜駅あたりに至りました。
高尾山の東麓から発して八王子から日野、稲城と、多摩川の南には多摩丘陵が東西に広がり、更に多摩丘陵は多摩、町田、川崎市西部、横浜市西部と南北にも繋がっていき、三浦半島の全域を占める三浦丘陵に繋がっていきます。高尾山の東麓に水源を発する境川とこの多摩丘陵によって武蔵国の南辺の相模国との国境線は形成されます。

...read more
スポンサーサイト

日本史についての雑文その264 武蔵野台地
この入間川に川越の北で合流するのが越辺川ですが、この越辺川に坂戸市で注ぐのが高麗川です。越辺川にしても高麗川にしても、秩父山地の東端の湧水を源流として武蔵野台地の北辺の低湿地帯を流れてから入間川に注いでいました。
この高麗川沿いの秩父山地に少しかかった高台部分である日高市の新堀に高麗神社があります。日高市や飯能市のあたりはかつては高麗郡といって、高句麗からの亡命民が開拓した土地であったのです。

...read more

日本史についての雑文その263 氷川神社
武蔵国の北辺の国境線を形成する神流川は金鑚神社を通り過ぎた後、上里町で烏川、そして利根川に合流し、利根川となって東へ流れます。この利根川の南岸が武蔵国の北端部ということになりますが、このあたりは北岸の上野国南端部の伊勢崎や太田などと同じく関東平野の北西端部で水田稲作に適した土地であったので利根川や神流川、烏川などを下って進出してきた出雲系氏族による開拓が行われ、本庄や深谷などは毛野国と一体化して栄えました。
...read more

日本史についての雑文その262 秩父山地
信濃国の佐久穂で千曲川に注ぐ抜井川を遡って十石峠を歩いて越えて乗り換える河川が神流川ですが、秩父山地に沿ってこの神流川を下っていくと最後は秩父山地の山塊の北に出ます。この秩父山地の山塊の北端にあるのが御嶽山で、その北麓である神川町の二ノ宮に武蔵国二宮の金鑚神社があります。
この金鑚神社の起源は社伝によればヤマトタケルが東征の帰途にこの地に立ち寄って伊勢神宮から持ってきた神器の1つである「火鑚金」をこの地に鎮めたのが起源であるとされます。この「火鑚金」というものが何なのか分かりませんが、名前からして金属精製に何か関係のありそうな道具なのかもしれません。

...read more

日本史についての雑文その261 武蔵国
このように、紀元前250年以降に西から内陸路(後の東山道)でやって来て定住していた出雲系の毛人の住む北関東の領域に、3世紀以降、海路(後の東海道)で南関東へやって来て鹿島灘まで達して、そこから転じて東から北関東へアプローチしてきた大和王権勢力という構図は、毛野国の南側、毛野川や利根川などが南関東海峡に注ぐ下流域の低湿地帯の東側の地域でも同様でした。
...read more

日本史についての雑文その260 赤城山と二荒山
このように、「毛野国」は出雲系氏族を中心とした「毛人(えみし)」の国であり、そしてそこに大和王権勢力が進出してきたということが上野国一宮である貫前神社やその元宮である咲前神社を見ると推測されてきます。そして同様のことは上野国の北部山岳地帯への玄関口である赤城山に関する祭祀からも見てとれます。
...read more

日本史についての雑文その259 毛野国
この利根川、太日川、毛野川の流域一帯は一体となった文化圏を形成しており、これを毛野国といいました。毛野川は毛野国を流れるから毛野川というのです。「毛野国」は「毛の国」であり、もともとは「毛人国」で、この名を名づけたのは3世紀に進出してきた大和王権で、その名の由来は「毛人の住む国」です。
糸静線より東の東北日本の住民のことを大和王権の人間は「蝦夷(えみし)」と呼んだわけですが、「えみし」を「蝦夷」という漢字で表記するようになったのは7世紀以降のことであり、それ以前は「毛人」と書いて「えみし」と読んでいました。

...read more

日本史についての雑文その258 利根川と鬼怒川
新モンゴロイド狩猟民と旧モンゴロイド海洋民とで構成されていた関東地方北西部の縄文人共同体に水田稲作を伝えたのは、おそらく紀元前250年以降に日本海航路で東日本に進出してきた出雲系海洋民であったと思われます。
彼らは越前、能登半島、佐渡島などに辿り着き、上越地方や中越地方、そして信濃や甲斐にも進出してきましたが、そこから更に内陸水路を使って関東地方の北西部へ進出してきたのです。

...read more

日本史についての雑文その257 関東地方
さて、ここまで中部地方以西の古代の姿について考察してきましたが、これで残りは関東、東北、そして北海道ということになります。まずは関東地方ですが、古代における関東地方は現在とはかなり様相が違っていますので、まずはその全体像を把握しておく必要があります。
現在の関東地方は北西部に山岳地帯があって南東部に日本最大の平野である関東平野があります。この関東平野というのは典型的な沖積平野で、つまり河川の運んできた土砂が堆積して形成された平野ですから、その土砂が堆積する前はその場所には河川が流れていたわけで、平野全体が河川であったということは言い換えれば平野の大部分が水の底であったわけで、もともとは関東平野の大部分は浅い海で、そこに北西の山岳地帯から河川が注いでいたということになります。

...read more

日本史についての雑文その256 伊豆半島
680年に駿河国から分かれて「伊豆国」となった伊豆半島地方ですが、ここも弥生時代においては「駿河国」に含まれる地域でした。ただ、確かに伊豆地方は駿河国の他の地域とは地勢的に異質な地域ではありました。伊豆半島は半島中央部の天城山から発して北流して半島北端の沼津に注ぐ狩野川以外は長大な河川というものが無く、半島のほとんどの地域は山岳地で、山々は海岸線に迫り平野部というものがほとんど存在しない地形でした。
...read more

日本史についての雑文その255 駿河国
静岡市の市街地の北部、賤機山の南麓に静岡浅間神社があります。これは富士宮市の富士山本宮浅間大社から10世紀初めに勧請して創建したものですが、この神社は正確には神戸神社、大歳御祖神社、浅間神社という3つの独立した神社の総称であり、このうちコノハナサクヤヒメを祀る浅間神社は最も新しく付け加えられた神社で、最も古い神戸神社の創建は3世紀前半のミマキイリヒコ大王の時代といわれますが、実際の祭祀はもっと古くまで遡るでしょう。
...read more

日本史についての雑文その254 浅間大神
さて、日本書紀によれば、ヤマトタケルの一行が伊勢湾を出て遠州灘を東へ向かい、最初に現れたのが駿河国の西端にある焼津ということになります。焼津は駿河湾の西端にある港町で、南に大井川が流れて遠江国との間を隔て、北には日本坂の山塊が静岡市との間を隔てています。日本坂の山塊が糸静線の最南端であるとするなら、焼津は西南日本の最東端にあり、東北日本に最前線で接する地ということになります。
ヤマトタケルの任務が糸静線の向こうの東北日本へのアプローチであるのならば、この焼津の地はそのための最前線基地として重要であり、まず押さえておくべき地であったのでしょう。

...read more

日本史についての雑文その253 三河と遠江
そのように美濃国の開拓を進めつつ、次に大和王権と尾張氏の連合が目指したのは尾張国の東方に広がる土地でした。こちらも美濃国に劣らず、広大な平地と丘陵地帯を有した土地であり、また出雲系氏族など、土着の豊富な人口を抱えていた地域でした。
また、先述の葛飾北斎の富嶽三十六景の中には、「尾州不二見原」という画があり、尾張国からも東方の富士山は見えたのだということが分かります。いや、そもそも尾張氏や大和王権に縁の深い伊勢神宮近くの二見浦の夫婦岩の間からも富士山は見えていたのです。遥か東方に巨大な火山を有した土地があるということは認識されていましたし、富知六所浅間神社の社伝によれば、3世紀前半のミマキイリヒコ時代に既に四道将軍の1人で東海担当の建沼河別命が富士山の麓の富士市まで到達しているのです。東国への関心が高まる状況にあったといえるでしょう。

...read more

日本史についての雑文その252 尾張と美濃
古代日本の有力豪族であった尾張氏の起源は黒潮に乗って南洋からやって来て紀伊半島南端の潮岬に辿り着いた南洋系海洋民であったと思われます。尾張氏の一族には大坂の住吉大社の宮司を務めた津守氏などもいたようで、紀伊半島の南西岸へ進んでいった支族もいたようですが、だいたいは最初は紀伊半島南東岸の熊野灘や志摩方面に居住し、それから伊勢平野の干潟地帯に進出していったものと思われます。こういう地域に居住していた海洋民ですから、海の太陽神である猿田彦を信仰していたと思われます。
...read more

日本史についての雑文その251 天竜川
出雲系氏族はこうして諏訪湖から宮川、釜無川、富士川を通って駿河湾へ進出してきたわけですが、それとは別に諏訪湖から天竜川を下って南下してくるルートもありました。
天竜川は諏訪湖から唯一流出する河川で、西の木曽山脈と東の赤石山脈の間の狭い渓谷を急流で流れ下り南下していって浜松市と磐田市の間で遠州灘に注ぐ河川ですが、流域が急峻な地形であるために暴れ川として有名であり、大雨などが降るとすぐに氾濫しました。

...read more

日本史についての雑文その250 富士山
ただ、甲府盆地東部の一宮浅間神社についてもう少し厳密に言えば、確かにこの地でも富士山は見ることは出来ますから、この地でも富士山信仰は行われていたのでしょうけれど、甲斐国における富士山信仰の本来の中心地はここではなく、もっと富士山の近くであったはずなのです。実際、富士山の神への祭祀は古来、富士山の麓で行われていたのであり、甲府盆地では富士山を眺めるには良いのですが、富士山の神への祭祀を行うには遠すぎるのです。
...read more

日本史についての雑文その249 峡の国
さて、諏訪湖の南東岸にあった上諏訪社の前宮の目の前を流れて諏訪湖に南東から注いでいたのが宮川ですが、この宮川を南東方向へ遡ると富士見町の最上流部で八ヶ岳南山麓から流れてきた立場川に乗り換えることが出来ます。この立場川はすぐに赤石山脈北部の駒ケ岳から流れてきた釜無川と合流して峡谷を南東方向へ流れ、ここからまさに、後に大和王権が「峡(かい)の国」と呼ぶようになる地、つまり甲斐国に入り甲府盆地に入っていきます。
また、八ヶ岳東山麓から流れてきた大門川は峡の国の北端の清里で千曲川の支流からの乗り換えを受けて須玉川に合流し、韮崎で塩川に合流して甲府盆地に入り、釜無川と並行して糸静線上を南東方向へ流れ、甲斐市の西端で釜無川に合流して甲府盆地中央部へ進みます。これで中信地方、東信地方から甲斐国へ内陸水路が繋がったわけです。

...read more

日本史についての雑文その248 諏訪大社
信濃国一宮である諏訪大社は上社前宮、上社本宮、下社春宮、下社秋宮という4つの神社から成り立っていますが、もともとは上社は上諏訪社、下社は下諏訪社といって別々の神社でした。上社前宮と上社本宮は現在は諏訪湖の南東部、諏訪市と茅野市の境界あたり、諏訪湖へ注ぐ宮川の流域にあります。また下社春宮と下社秋宮は諏訪湖のすぐ北にあり、春宮は諏訪湖に注ぐ砥川のほとりにあり、秋宮は春宮のすぐ南東にあります。
これらの4社は現在とりとめのない位置にあるように見えますが、古代においては諏訪湖は現在の2倍の面積を有し、北西と南東に広がっていましたから、これら4社は全て諏訪湖の湖畔に存在したと推測されます。

...read more

日本史についての雑文その247 八ヶ岳
しかし、ここまでの千曲川水系の流れをおおまかに見てみると、中越地方から千曲川を遡って科の国に入ってきた後、長野盆地南部で千曲川と犀川の2本に分かれ、千曲川は科の国の東側、犀川は科の国の西側をそれぞれ遡ってきて、千曲川は八ヶ岳連峰の東山腹まで至り、犀川は諏訪湖に至り、諏訪湖に注ぐ川は八ヶ岳連峰の西山腹まで至るというような感じになります。つまり、長野盆地で2本に分かれた千曲川と犀川が科の国の東西両翼をぐるっと回って遡ってきて、最上流部の八ヶ岳で再び1つになるというイメージなのです。
...read more

日本史についての雑文その246 千曲川水系
では、その「科の国」と「峡の国」がどのように周辺の国々や地方と内陸河川ルートで繋がっていたのか見てみます。
まず、信濃川を中越地方の下流部分を北信地方へ向けて遡ると北の頸城丘陵と南の三国山脈の間の峡谷を遡るようになり、栄村で北信地方に入り、信濃川はここから上流は千曲川と名を変えます。

...read more

日本史についての雑文その245 科の国
さて、古代において新潟湾に注いでいた信濃川は現在日本最長とされている河川であり、古代においては新潟湾の分、短くなってはいましたがそれでも当時においても日本最長の河川であり、信濃川水系は数多くの支流を有し、非常に広範囲に亘っていました。
信濃川本流は中越地方の中央部を流れていましたが、川口で本流に注ぐ支流の魚野川の水源は越後国と上野国の国境の谷川岳であり、魚野川は三国山脈の山麓部を北東に流れて魚沼で北西に向きを変えて本流に合流します。また、十日町盆地南端の田沢で信濃川本流に合流する清津川は越後国と上野国の境界にある三国峠に水源を有し、三国峠を徒歩で越えれば利根川の最上流部に乗り換えることが出来ます。

...read more

日本史についての雑文その244 新潟と佐渡
ここで紀元前250年の段階、出雲系海洋民が水田稲作技術などを携えて「越の国」方面へやって来た時点に戻りますが、とりあえずは翡翠を求めて飛騨山脈を日本海航路で越えて東北日本の領域に入り、上越地方まで至った出雲系海洋民たちは、更なる大きな人口を擁する地域がその先に存在すると知り、迷わず日本海沿岸を進んで東の中越地方以東の地を、そしてまた上越地方から内陸水路を通って南の信濃国へ進んでいったと思われます。
...read more

日本史についての雑文その243 ひのもと
ここで注目すべきことは、そうした7世紀の大和王権の東国開発政策ではなく、4世紀半ば以降に大和王権が北陸方面に進出した際に、朝鮮半島重視政策があったとはいえ、中越地方以東への進出を一旦は政策的には断念せざるを得なかったほど、中越地方以東の蝦夷の抵抗が激しかったことです。
それはつまり、中越地方以東の蝦夷、つまり弥生時代から出雲系氏族と現地氏族が共同で形成してきた共同体の数が膨大で、その規模が大きかったからでしょう。

...read more

日本史についての雑文その242 越後国
さて、ここで話を紀元前250年以前の古代日本における日本海側地域の状況の整理に戻しますが、ここで越後国の各地域について見てみます。
現在の新潟県は上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方に分類されることが多く、富山県境から柏崎の南の米山までが上越地方、米山から大河津分水路や五十嵐川までが中越地方、大河津分水路や五十嵐川から山形県境までが下越地方、佐渡島が佐渡地方となっています。
ただ、古代においては下越地方の南半分の主要部である新潟市部分はほとんど海面下であったので、ここは中越地方に附属する形になり、中越地方は米山から阿賀野川までの領域、下越地方は阿賀野川から山形県境までということになります。

...read more

日本史についての雑文その241 三種の神器
その一方、紀元前100年以降、北九州地域とシナ帝国との交易が本格化していくにつれて翡翠を巡る状況が変化してきました。おそらく、その時点での姫川・出雲ラインの翡翠製勾玉の最大消費地は北九州エリアだったはずです。ところがこの時点で武帝の西域交易路開拓によってホータンの軟玉がシナ帝国の交易路に乗るようになり、北九州でも入手可能になったのです。この時、初めて倭人たちは自分たちが「タマ」と呼んでいた勾玉の原材料と同じものをシナ人が「ギョク」と呼び「玉」という字を充てていることを知ったのでしょう。
...read more

日本史についての雑文その240 翡翠交易
翡翠というのは深緑色の半透明なガラス状の光沢を帯びた宝石の一種で造山帯で産出されます。プレート同士の衝突などで地下で大きな圧力が生じる場所でマントル起源のカンラン岩と熱水とが反応して変質し生成される蛇紋岩の中に存在し、その蛇紋岩が激しい断層活動で地上に押し出されてくることがあり、蛇紋岩は風化や浸食を受けて崩れやすいので蛇紋岩が露出した地殻上を流れる川などは峡谷を形成しやすく、河岸の露出した蛇紋岩地層が崩落しその内容物が川底にばら撒かれ、その中に翡翠が含まれていることがあるのです。まぁ結構、希少価値の高い宝石であるといえるでしょう。
...read more

日本史についての雑文その239 ヌナカワヒメ
このように「越の国」の中心地帯の富山平野は周辺と繋がっていくのですが、ここで、高岡市の二上山の東麓の海岸線にあった気多神社においてオオアナムチと共に主祭神とされていたヌナカワヒメについて少し考えてみることにします。
ヌナカワヒメは奴奈川姫とも書き、古事記によると「越の国」の女神で、八千矛神の妻でタケミナカタの母にあたるといいます。出雲からヌナカワヒメの評判を聞きつけた八千矛神がやって来て歌を交わして求婚するという話が古事記に記されていますが、この八千矛神というのがオオクニヌシの別名とされていまして、オオクニヌシの別名がオオアナムチですからオオアナムチと八千矛神は同一神ということになり、ヌナカワヒメはオオアナムチの妻ということになります。

...read more

日本史についての雑文その238 富山平野
富山湾は極めて特殊な海底地形を有する湾で、海岸線地点で急激に海底に向かって落ち込んでいて水深が極めて深く、しかも海底地形が非常に険しくなっているので、日本海の荒波がそのまま弱められずに海岸にぶつかり、河川の運んできた土砂を持ち去るため、非常に多くの河川が注ぐ湾でありながら干潟地帯がほとんど形成されないのです。
いや、そもそも河口部の海底がいきなり深海に向かって断崖のようになっているので土砂の溜まりようがないのが実際のところで、湾内の各所に岩礁海岸による天然の良港が形成されています。

...read more

日本史についての雑文その237 加賀と能登
福井平野の北端は現在は九頭竜川の河口部となっていて福井港、つまり古代の三国湊があり、その北が東尋坊となっています。太古の縄文時代において対馬海流から越前岬や東尋坊へやって来た東南アジア系海洋民の中にはそこから更に海岸線沿いに北へ向かう集団もいたでしょう。
東尋坊の北にある加佐ノ岬の北には古代においては海岸線に細長く干潟地帯が続いていました。後に加賀国として分割される地域の海岸線はほぼ全域がこの干潟地帯であったということになります。この干潟地帯というのが後に江戸時代に干拓されて金沢平野となるのですが、ここには現在の小松市や白山市、金沢市の市街地が含まれ、南から梯川、手取川、犀川、浅野川が両白山地を水源として注いでおり、やはりここも福井平野と同じように古代においては外洋に接した部には砂浜を形成して干潟地帯の内側には多数の潟湖が存在しておりました。

...read more

日本史についての雑文その236 気比大神
ここで注意しなければならないのは、「越の国」というのは畿内側から見た他称であり、特定の地域を指した地域名ですらなく、単に近江の北の国境を越えた向こう側全般というような漠然とした概念であるということです。
つまり、例えば「吉備国」や「木の国」などはもちろん厳密な意味での「国家」といえるようなものではないのですが、それでも幾つかの連絡し合った河川流域の集合体という意味で、何らかの共通文化を持った地域共同体という括り方は出来る地域概念であり固有名詞であったのですが、この「越の国」というのは普通名詞であり、そういう名でまとめて呼べるような巨大国家があったわけでもなく、何らかの統一性のある共同体があったわけではないのです。

...read more




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。