KNブログ


プロフィール

KN

Author:KN
気紛れにエントリ更新してしまいました。これからはのんびり気紛れなペースで、書き上がり次第に更新していきます。

メールアドレスはこちら
jinkenbira@yahoo.co.jp 

未来のために生きながらも、引き続き



ブログランキング

人気blogランキングへ



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳥取人権条例反対運動会計に関する資料の解説(1)
以下に、鳥取人権条例反対運動会計に関する各種資料を提示し、その読み方や見方について解説を加えていきます。
現在、鳥取人権条例反対運動の会計について、カンパ詐欺行為が行われたという疑惑が追及されています。そしてその主犯が私であるというのです。
私はこの疑惑についてもちろんキッパリと否定いたしますが、客観的には非常に興味深い疑惑であり、皆さんがこの疑惑に興味を持って真実を究明しようとすることを妨げるつもりはなく、むしろ大いに推奨したいと思っています。

私としてもこの真実究明の試みにもっと早期から大いに協力したかったのですが、ついつい多忙にかまけて、皆様にちゃんとした資料を提示するのが延び延びになっていましたことを、まずはお詫び申し上げたいと思います。
本日、こうして正式な資料を提示出来ましたことで、やっと胸のつかえが下りました。
以下の資料およびその解説において、私は無実を認めてもらうための弁解がましいことは一切するつもりではありません。ただただ事実を述べるのみです。
皆様はどうか事実を精査したうえで、私の犯罪行為を立証してみてください。
事実が全てを物語るのであって、以下の文章を最後まで読みきったならば、皆様は必ずや私の犯罪を暴き立て立証することが出来るはずです。
そのあたりの首尾について、またご報告いただければと思います。

では、まずは、どういう疑惑があるのかですが、カンパ詐欺関連だけでも結構な数の疑惑があり、これだけあれば下手な鉄砲もなんとやらで、何か1個ぐらいは有罪が立証できそうにも思えます。
まず初歩的なものからいきますが、鳥取人権条例反対運動のカンパ口座に関する疑惑としては、まず最初にN速スレで言われていたのは、「TBSスレのカンパ口座と同一のものだ」という疑惑と、「600万円のカンパを詐取して貯め込んでいる」という荒唐無稽なものでした。

まず、この前者のほうの疑惑に関しては、カンパ口座が全く違います。
鳥取スレの口座は雑種氏の作った郵便振替口座が本口座で、それに加えて今年3月末までは私KN(中西)の三井住友銀行の口座が別口座として存在していました。そして今年4月以降は別口座として鳥取銀行口座と、私名義の三菱東京UFJ口座(9月19日で解約)が存在していました。これらの4口座間では金銭の遣り取りはありましたから、同一プロジェクトの一連の口座といえるでしょう。
一方、TBSスレの口座はイラネ氏名義の三菱東京UFJ口座1つであり、この口座と上記鳥取4口座の間には金銭の遣り取りは全く存在しません。全く別プロジェクトの口座であり、関係は全く無いのです。
つまり鳥取口座とTBS口座とは全く無関係であり、鳥取で集めたカンパがTBSの活動に流用されているなどという事実は全く無いのです。

次に、「鳥取スレで600万円のカンパを集めて詐取した」という疑惑ですが、これは全く荒唐無稽の話であります。
確かに現時点で鳥取スレには累計約601万円のカンパが入金されています。私が運営に深く関わっていた3月末までの時点では約550万円のカンパが集まっていました。しかしこれらのお金は手付かずで残っていたわけではないのです。活動経費として大部分は支出済みだったわけであり、600万円なり550万円なりを詐取するなどということは不可能なのです。

そういった鳥取会計全体の流れを示す資料としては、雑種さんという鳥取コテの方が作成し管理している鳥取OFF収支報告というブログがあります。
このブログの9/20付けの最新報告によると、現在の口座残高は630462円であり、総カンパ額は6014894円となっています。その差額5384432円は去年10月からの活動において経費として使われたのです。
また、私が深く運営に関与していた今年3月末の時点の、3/31付けの口座残高は180154円で、総カンパ額が5507795円ですから、この時点までには5327641円が活動経費として消費されていたということになります。
これらがちゃんと正当に使われているのならば、600万円や550万円もの詐取は不可能ということになります。それらがどのように使われたのかについては、上記の鳥取OFF収支報告の2005年11月分からずっと流れを追っていけば明らかになります。

また、ブログでイチから流れを追っていかなくても、鳥取人権条例反対運動収支報告書というエクセルデータの資料があり、ここには鳥取でカンパを集め始めた去年10/31から今年4/14までの間の出入金記録が一覧にしてまとめてあります。
この資料は、上記の雑種さんのブログや私の通帳など、その他の出入金の記録を突き合わせて2/25の第一回監査OFFの際にたろ氏という鳥取現地のコテの方が原型を作り、その後情報を付け加えて完成させたものです。
この鳥取人権条例反対運動収支報告書を基にして、4月の監査OFFが行われ、その際に、私の3月までの三井住友口座を廃して、新たに新口座を加えた形での新資料の鳥取人権条例反対運動収支報告書2を作ったのです。しかしこの収支報告書2のほうでは3月以前の最も活動の活発であった時期の細かい出入金記録は省略されていますので、今回はこの資料は参考程度にしておいてください。

この鳥取人権条例反対運動収支報告書の見方ですが、まず「まとめ」というページには全体の出入金のまとめが記入してあり、「銀行口座会計」というページは、私の三井住友銀行の口座の出入金記録が記入してあり、「振替口座会計」というページは、鳥取の現地にあった本口座である郵便振替口座の出入金記録が記入してあります。この郵便振替口座の管理者が雑種さんです。
そして「スケルトン氏特別会計」というページは、去年11/29?12/26まで鳥取に滞在して街宣車のドライバーを務めてくれたスケルトン氏の使った経費に関する会計記録です。
「予定」というページは、その時点での使用予定金額であり、これは現時点では無視してもらっていいです。

これらの収支報告書の中にある出金記録が正当なものであれば、600万円詐取や550万円詐取などということは無いわけです。これらの記録は今年の2月と4月に会計監査を行っていますが、その際に問題があるとは認められなかったわけですから、出金記録も正当なものだといえると思います。
この4月の現時点での最新での会計監査には私も立ち会っていませんでしたし、その後の会計にも私はノータッチで、全く事情は分かりません。もしかしたら現地では更にしっかりした資料が作られているのかもしれません。ですから、この監査そのものや、鳥取会計全体への根本的な疑義などがあれば、私ではなく鳥取の現地コテの皆さんのほうに質問していただきたく思います。
ですが、私でも3月までの活動における出金記録が正当なものであることはある程度説明することは出来ます。つまり、厳密には領収証などとも突き合わせて精査すべきなのかもしれませんけれども、それでも常識的に考えて、鳥取スレの過去ログなどとも照合して、「この時にこういう種類や金額の出費があったのはごく自然なことである」と見なされれば、それはほぼ正当な出金記録であったといえるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ 応援のクリック 宜しくお願い致します。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。